文字サイズ

基幹型臨床研修病院

眼科

 眼科であつかう疾患(病気)は、近視や遠視、乱視などの屈折異常の他、加齢性の疾患が大部分を占めています。代表例は白内障です。次いで緑内障。続いて生活習慣病からおこる糖尿病性の網膜症。残りは結膜炎、ものもらいに代表される急性の感染症等です。
 かつてはトラコーマなどの眼の赤い、結膜炎が幅をきかせていましたが、最近では、白内障、緑内障などの赤くない疾患が幅をきかせるようになってきました 。レッドアイからホワイトアイへといわれるゆえんです。

白内障

白内障
 人の目の中で、カメラのレンズにあたる水晶体が濁ってくる病気を白内障といいます。原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。早い人では40歳代から始まり、60歳代で5%、80歳代では詳しく検査を行えばほぼ100%の人で白内障が発見されます。水晶体が濁り始めると、かすんだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下してきます。現在では技術の進歩により、手術をすると良好な視力が回復できるようになりました。

緑内障

緑内障
 緑内障は最近では眼圧の高くない緑内障、正常眼圧緑内障がほとんどです。40歳以上の日本人20人に1人ぐらいの割合で見つかりますが、初期のころは自覚症状がまったくと言ってよいほどないため、気がついた時にはかなり進行していたというような方が時々来院されます。40歳を過ぎたら1年に1回ぐらいは眼科受診をお勧めします。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症
 糖尿病網膜症は生活習慣病として増加の一歩をたどっている糖尿病に罹患して、治療もせずに放置すると必ずやってくる合併症で年々増加しています。手遅れになると失明の危険が大きいので、ぜひ眼科で眼底検査を受けてください。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症
  食生活の欧米化などによって最近増えてきたのが、加齢黄斑変性症です。ものがゆがんで見えたりしたら要注意です。眼科受診をお願いします。

医師紹介

上野 克彦

眼科科長
千葉大学卒

所属学会:
日本眼科学会

取得専門医等:
日本眼科学会専門医
上野 克彦
※他に非常勤医師