文字サイズ

基幹型臨床研修病院

病院概要・施設基準

概要

川崎協同病院は地域の患者さま、組合員さまの熱い期待に応えて1976年(昭和51年)6月に川崎市川崎区桜本の地に開設しました。その後、1994年(平成6年)5月、267床の総合的機能を持つ医療機関として、リニューアルオープンしました。現在、厚生労働省の認可を受け、川崎医療生活協同組合のセンター病院として、神奈川県民主医療機関連合会の医師研修病院としての役割を担っています。
川崎協同病院外観

病院概略図

病院概略図

病床数

許可病床数:267床
 ・ 一般病床:106床
 ・ 地域包括ケア病床:54床
 ・ 回復期リハビリ病床:92床 

職員構成

2016年3月31日現在
常勤換算数
医師47.6人、薬剤師7.0人、看護師137.4人、助産師11.7人、准看護師27.7人、介護福祉士16.0人、看護助手10.0人、ケアワーカー・ヘルパー13.5人、理学療法士32.0人、作業療法士25.1人、言語聴覚士4.5人、視能訓練士1.0人、臨床工学技士9.0人、放射線技師11.0人、臨床検査技師18.7人、管理栄養士6.4人、調理師4.5人、食器洗浄・調理員3.16人、MSW・PSW7.0人、事務50.3人 、その他5.24人、合計448.85人
常勤職員のみ実職員数
医師39人、薬剤師7人、看護師121人、助産師10人、准看護師16人、介護福祉士16人、看護助手4人、ケアワーカー・ヘルパー9人、理学療法士32人、作業療法士25人、言語聴覚士3人、視能訓練士1人、臨床工学技士9人、放射線技師11人、臨床検査技師17人、管理栄養士5人、調理師2人、MSW・PSW7人、事務36人、合計370人

標榜科目

内科、外科、小児科、婦人科、整形外科、消化器科、呼吸器科、循環器科、精神科、神経内科、泌尿器科、皮膚科、麻酔科、放射線科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、アレルギー科、リウマチ科、脳神経外科、呼吸器外科

指定機関

救急告示医療機関、労災指定医療機関、公害指定医療機関、結核指定医療機関、精神指定医療機関、優生保護指定医療機関、川崎市ガン相談指定医療機関、川崎市予防接種個別協力医療機関、川崎市健康診断指定医療機関

病院認定・関連施設

基幹型臨床研修指定病院、日本内科学会認定教育施設、日本小児科学会小児科専門医研修施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本プライマリ・ケア連合学会認定医研修施設、日本整形外科学会専門医研修施設、麻酔科学会指導病院、日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ検診施設

施設基準

施設基準