文字サイズ

基幹型臨床研修病院

初期研修医募集中

後期研修医募集中

研修の特徴

1. 研修の核はプライマリ・ケア

後期研修ではスペシャリストとしての技能を磨く一方で自分の科や専攻に関わらず、かかりつけ医として役割を果たせるようジェネラリストとしての技能にも磨きをかけていきます。
私たちのめざす医師像

2. 総合医局としての強み

総合医局のため、外科の医師が内科の研修医にアドバイスするなど、他科の医師との連携が容易です。また、全ての医師がワンフロアーに机を並べ、日常的な会話からコンサルトまでアットホームな雰囲気で行われています。

新専門医制度・後期研修プログラム


総合診療科 ~川崎医療生協 総合診療専門医養成プログラム~ 


 
<研修目標>
 
① 年齢・疾患に関わらず、多様な患者の訴えに応え得る幅広い知識・技能・経験を得る
② 在宅、外来診療はもちろん、健診その他の保健予防活動や、入院医療も含めた一連の流れに自ら直接対応する能力と姿勢を持つ
③ 病院・診療所の運営や、地域の医療の質の改善に寄与することができる

<総合診療科指導医>
 関川 泰隆(プログラム責任者)
 安西 光洋
 吉田 絵理子
<連携施設>
 汐田総合病院(内科)
 坂総合病院(内科・総合診療Ⅱ)
 川崎市立川崎病院(救急)
 久地診療所(総合診療Ⅰ)
 川崎セツルメント診療所(総合診療Ⅰ)
 松島海岸診療所(総合診療Ⅰ)

<ローテート例>

※選択科:外科、整形外科、婦人科、リハビリテーション科、耳鼻科、皮膚科、泌尿器科
※選択科:外科、整形外科、婦人科、リハビリテーション科、耳鼻科、皮膚科、泌尿器科

研修の特徴

プログラム責任者より

関川泰隆医師
  •  総合診療医に求められる能力とは何でしょうか?
     勿論、疾病の種類や臓器の枠にとらわれない、幅広い知識や技能は欠かせません。しかしそれだけで十分とはいえません。健康問題をより大きな視野でとらえ、心や生活、背景にある労働や経済、さらには、患者を取り巻く家庭・地域・社会のありようにも目配りできる、人としての総合性こそが求められています。私たちが目指すのは、幅広い眼と心を持った医療人です。
     病院だけでなく、地域医療の最前線である診療所や施設、在宅など、地域全体が研修のフィールドです。また、豊富な経験と熱意を持った指導医の他、全科の医師やスタッフ、後輩や患者さんまでもが、研修を支えます。
     既に、数多くの優れた総合診療医が巣立ち、様々な分野で活躍しています。総合力豊な臨床医としての研鑽を志す方であれば、病院・診療所・在宅等問わず、どんな将来像を描いている医師も歓迎です。神奈川の地で、共に地域医療を実践し、総合診療医としての歩みを進めましょう。
      
副院長 プログラム責任者 関川泰隆

専攻医より

6年目 民部貴士
  •  川崎協同病院で総合診療の後期研修をおこなっている民部です。
     僕の場合、後期研修1年目は総合診療科を中心に循環器内科、消化器内科での研修を行い内科の力をつけました。2-3年目は総合診療の研修をしながら小児科、救命救急、診療所での研修を行いました。指導医と日々丁寧に振り返りを行いながら研修を行うので着実に力がつくことを実感しています。
  
後期研修医 民部貴士

〇他施設との連携プログラム

内科:川崎市立川崎病院、関東労災病院、立川相互病院、横浜市立大学附属病院
外科:東邦大学病院
小児科:済生会東部病院、東邦大学病院
リハビリテーション科:横浜市立大学附属病院
病理科:昭和大学附属病院
 
  応募・プログラム等のお問い合わせは各病院にお願いします!

※新専門医制度にのらない個別プログラムも対応できます!!
お問い合わせは下記まで↓↓


お問合せ先

川崎協同病院 後期研修担当 国分博子(こくぶひろこ)

TEL:044-277-9633(医局直通) / 044-299-4781(代表)
E-mail:kensyuui@kawaikyo.or.jp
入力フォームはこちら