文字サイズ

現役看護師の声

先輩看護師の声

神奈川県立よこはま看護専門学校卒業
G.Nさん
神奈川県立よこはま看護専門学校卒業

母が看護師だったことがきっかけで看護師になりたいと思いました。
民医連の存在を知り、実際に体験に行きました。その時、担当してくれた男性看護師の存在に刺激を受けたことが就職を決めたきっかけの一つです。
医師が患者さんの家に訪問したり、医療者と患者さんの距離が近いところが良いなと思います。また、職種間や経験年数での壁がなくお互いに意見を言い合える環境にも魅力を感じています。

湘南平塚看護専門学校卒業
T.Nさん
湘南平塚看護専門学校卒業

小さい頃からの夢で、人の世話をするのが好きだったため看護師になろうと思いました。
川崎協同病院に就職を決めたのは、病棟の雰囲気が良く患者さんが生き生きしているところで働きたいと思ったからです。
先輩方が優しく、医師に対しても相談しやすく多くのことを学べる環境だと思います。
経済的な理由で診療を受けたり断わったりすることなく、平等に医療を提供しているところが良いところです。患者さんだけでなく、患者さんの家族や周りの環境なども大切にしています。

3つの質問に答えてもらいました。

先輩への質問

先輩への質問
  1. 川崎協同病院を選んだ理由は?
  2. 今、働いてみての感想は?
  3. 1年目の研修はどうでしたか? 2年目以降は卒後研修の感想は?

川崎市立看護短期大学2007年卒

(1)
地域密着型で、退院後のフォローも行っているところにひかれました。

(2)
先輩方も優しくてとても働きやすいです。地域に密着しているところが良く、研修も充実していると思います。

(3)
医師、リハビリ科、事務等の人たちと一緒だったので、他職種との関りを持つことができました。3か月・半年・1年の研修や、同期の人たちのまとめの発表を聞くことから、多くを学びました。

T.Kさん

都立荏原看護専門学校2000年卒

(1)
高校生の1日看護体験でこの病院に来たことがあります。その際、担当していただいた看護師や病棟の雰囲気が忘れられず、「この病院なら」と思い就職しました。

(2)
アットホームな雰囲気の中、長く働くことができ、地域密着型の病院ならではの患者との触れ合いから、多くのことを学ぶ経験できました。

(3)
現在よりもゆとりがなかった当時も、プリセプターがしっかりと教えてくれたことは今でも忘れてません。

Y.Kさん