文字サイズ

看護部理念

あふれる三つの愛

私たち看護師は人と人との関係を大事にし、
「話しあいの看護」
「学びあいの看護」
「育ちあいの看護」

を実践していきます。

看護部理念

1.「無差別・平等の医療・福祉を、地域の皆さまとともにすすめる」という病院理念に基づき、“安全”“安心”“信頼”の看護・介護に勤めます。
「住み慣れた地域や自宅で、最後まで安心して暮らしたい。」これは、人として当たり前の願いです。私たちは、このような患者さんとご家族の思いに応えるため、ともにがんばっていきます。

2.看護者として、「患者さんの立場に立ち」「患者さんの要求に応えることから始め」「患者さんとともに闘う」看護を、日々実践していきます。

「長い入院生活を送る患者さんや、寝たきりで働くことのできない患者さんに対して、その不安を取り除き、生きる喜びを感じてもらいたい」。これは、看護職にある者の共通の願いです。私たちは、その目標に向かってチームみんなでがんばっていきます。

3.チーム医療のなかで専門性の向上と、働きがいのある職場をめざします。
「やりがいを感じて、元気でいきいきと働くことができる」。働きやすさは、自分にとっても、患者さんにとっても大切なことです。患者さんに笑顔で接することができるのも、看護の専門性を高めて自分自身が成長できるのも、みんなで作りあげることから生まれます。

メッセージ

八木看護部長
人が生まれながら持っている“病いと闘う力”
それを手助けするのが、私たちの仕事です。


 私たちは、患者さんの病状はもちろん、その“生活”を知り、“暮らし”を想像し、どうしたら患者さんに“寄り添う看護”ができるかを考え、日々努力しています。
 朝の早い仕事をされていた患者さん、たとえばパン屋さんとか豆腐屋さんの場合、退院されてからも「充分な睡眠時間がとれるだろうか」「朝食はきちんと食べることができるのだろうか」と考え、患者さん一人ひとりに適した“看護”を創造していきます。
 当院を新しい職場と考えられている皆さん、ここには本物の地域医療があります。看護師として、人として成長できる環境があります。また、ここにはチーム医療が根づいています。多くの職種を交えてのカンファレンスでのやり取りや、先輩看護師からのていねいなサポートは、皆さんに看護師としての自信をつけさせてくれることでしょう。
 まずは当院に来て、見て、多くのスタッフと話をしてみてください。心よりお待ちしています。

川崎医療生活協同組合 統括看護部長
八木 美智子
※八木美智子は、川崎医療生活協同組合統括看護部長と川崎協同病院看護部長を兼任しておりましたが、2017年3月16日より川崎医療生活協同組合統括看護部長専任となりました