文字サイズ

基幹型臨床研修病院

入院のご案内

みなさまが一日も早く健康を取り戻されるよう、また、よりよい入院生活が過ごせますようにお手伝いさせていただきます。
ご不自由な点もあるかと存じますが、約束ごとを守りながら、入院生活をお過ごしください。不安なこと、わからないことがございましたら遠慮なくご相談ください。
また、川崎協同病院は、医療生活協同組合の病院です。
『みんなは一人のために、一人はみんなのために』をモットーに、健康づくりや「命の平等」を基本においた医療活動を行っています。
●当院は差額室料(差額ベッド代)をいただいておりません

入院の流れ

入院日が決まりましたら、お電話にてご連絡いたします。
(入院日が決まっている方への連絡はいたしません)
※時間に遅れる場合及びやむおえず入院が出来なくなった場合は、必ず下記までご連絡ください。
地域医療連携室:044-266-2119

入院当日は指定された時間に、1階総合受付におこしください。

1.入院当日に用意するもの

保険証・限度額認定証・各種医療証
 (入院時に確認後その場でお返しします)
診察券
入院時に提出する書類一式
保証金
 (退院時に精算いたします)
入院時にお預かりする保証金保証金
各種健康保険の方3割負担の方は30,000円
2割負担の方は20,000円
1割負担の方は10,000円
医療費負担のない方必要ありません
自費の方100,000円
紹介状
 (お持ちの方のみ)
退院証明書
 (3ヶ月以内に入院していた方のみ)
介護保険証
 (お持ちの方はご持参ください)
薬手帳または薬剤情報紙
 (お持ちの方はご持参ください)

2.入院案内でのご説明と検査

1階総合受付での手続きが終わりましたら、入院案内に移動してください。
  • 病棟での生活についてご説明いたします。
  • 入院時の検査を行っていただきます。

3.病棟へのご案内

検査が終了しましたら病棟へご案内いたします。

入院時の持ち物

洗面用具
シャンプー・ボディソープ等
ひげ剃り
 (必要な方のみ)
歯磨きセット
義歯洗浄剤、消毒用ケース
 (義歯使用中の場合)
ティッシュペーパー
下着
履物
 (出来るだけかかとがかくれるもの)
イヤホン
 (テレビ使用時にお使いいただきます)
寝間着→有料貸与もあります。
箸等の自助具をお使いの方は、ご自身でご用意ください。
衛生管理の徹底のため、ご入院中に使用される「タオル類」を専門の業者に委託しております。
 (有料となります)
所持品には紛失、混同を防ぐため必ず氏名を書いて下さい。
 また、貴重品、特に現金は必要以上にお持ちにならないようお願い致します。
義歯、眼鏡などは、患者・ご家族で適宜所在を確認いただきますようお願いいたします。
 通常の療養生活のなかで万一、紛失・破損した場合には当院は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

手術の方は別途準備頂くものを看護師より説明いたします。

 現在使用しているお薬がございましたら、お薬手帳と一緒にご持参ください。
 (確認後、返却させていただきます。)

お持込についての禁止(危険防止のため)

指定された持ち物以外は持込まないでください。
刃物類(はさみ、カミソリ類、ナイフ類)の持込はご遠慮願います。

診断書・証明書について

診断書・証明書をご希望の方は各病棟の事務職員にお申し出ください。
診断書・証明書は有料です。

病気、治療の説明について

主治医から病気のことや検査、治療について説明をいたします。
当院は臨床研修指定病院ですので、研修医が主治医(指導医)の下で担当することがあります。
病気治療の説明について適切な医療を提供するため、ご自身の健康に関する情報を医師や看護師にできるだけ詳しくお話ください。
他病院のセカンドオピニオン外来(第二の意見)の受診を希望される方はお申し出ください。
入院中に診療録(カルテ)をご覧になりたい方、複写をお望みの方は、遠慮なく医師又は看護師へお申し出ください。
電話による病状のお問い合わせにはお答えできません。

入院中の方の他医療機関受診について

入院中に他医療機関へ受診することは原則、認められていません。
 他医療機関への受診が必要な場合は、必ず、主治医・病棟看護師までご相談ください。

入院中の生活について

1日のスケジュール
6時起床
8時朝食
9時検温・検査・点滴開始
12時昼食
14時処置
18時夕食
19時検温
21時30分消灯
夜中場合によっては、別の部屋に移ったり、別の病棟に移ることがあります。

食事について

入院中は原則として用意した食事以外は召し上がらないようお願いいたします。
治療食や絶食の患者さまもおられますので、他の患者さまに食べ物を差し上げたりしないようお願いします。
また、面会での差し入れもご遠慮ください。
必要時には、患者さま、またはご家族の方に栄養士による栄養指導を行っています。
食事については、保険に関係なく一部負担がございます。

入浴・シャワーについて

病状により、入浴、シャワー、洗髪は主治医の許可が必要です。
ご利用される患者さまの人数を考慮し、曜日、時間帯は病棟ごとで異なります。

外出・外泊について

外出・外泊は主治医の許可が必要です。
主治医の許可が出ましたら、「外出(泊)許可願い」を記入し看護師に提出してください。
「外出(泊)許可願い(控)」は必ず携帯し帰院後に提出してください。
帰院時間が予定より遅れる場合は必ず病棟にご連絡ください。
外出、外泊中の飲酒はご遠慮ください。
無断での外出・外泊は固くお断りします。

喫煙について

病院内は全館禁煙です。
病院出入り口周辺での喫煙は堅くお断りしています。
医師や看護スタッフなどがご説明する入院生活上の必要なきまりを守っていただきますようお願いいたします。
きまりが守れない場合には入院の継続が難しいこともありますのでご了承ください。

面会について

面会についてはこちらをご覧ください。

洗濯について

洗濯は各階のコインランドリーをご利用下さい。
ご利用時間:8時〜20時
料金:洗濯機100円/乾燥機100円(約30分間)
業者に洗濯を依頼できます。ご希望の方はお申し出ください。

ゴミについて

燃えるゴミ、カン・ビン・ペットボトルに分けて、所定のゴミ箱に入れてください。
紙オムツは汚物室のオムツ入れに入れてください。

駐車場について

敷地内、近接地には有料駐車場があります。
長期入院患者さまの敷地内の駐車場のご利用はご遠慮ください。
敷地内の駐車料金などにつきましては、こちらをご覧ください。

電話について

携帯電話は医療機器などへの影響がありますので、院内では電源をお切りください。
病院内での携帯電話のご利用は、各階の通話可能の表示場所でご利用ください。
公衆電話は各階に設置しております。
患者さまへの電話のお取り次ぎは急用以外お断りしております。

電気製品及びテレビについて

電気製品の持ち込みについてはご相談ください。
テレビ・冷蔵庫は専用のテレビカードでご利用いただけます。
テレビカードは、各階に設置してある自動販売機で1枚1,000円でお買い求めください。
不要になったカードは1階に設置してある払い戻し機で換金できます。
使用時は必ずイヤホンを利用し、消灯後のテレビは他の患者さまの迷惑にならないよう、早めにお切りください。

退院日のお知らせと入院費の支払について

退院日は主治医と相談のうえ入院された病棟の看護師長が決めることになっています。
 退院日については看護師長にご相談ください。

●当院は差額室料(差額ベッド代)をいただいておりません。

退院日に入院費の請求書をお部屋までお届けいたします。
1階の会計でお支払ください。
また、月を超えた場合は毎月11日と26日頃に請求書をお部屋までお届けいたします。
(床頭台の請求書BOXにお入れします。)
1階の会計でお支払いください。
当院ではクレジットカード、デビットカードもご利用いただけます。
また、ゆうちょ銀行の口座からの引き落としもできます。
入院費に関するご相談は各病棟の事務職員にお申し出ください。

盗難予防について

盗難には十分ご注意ください。財布などの貴重品は必ず鍵付き金庫に入れて個人で保管してください。
病院では責任を負いかねますので必要以上の現金、貴重品は持ち込まないでください。

非常時の案内について

災害発生時は職員が誘導します。指示に従いあわてずに避難してください。
防災については万全を期しておりますが、あらかじめ非常口をご確認ください。

その他

○売店について

営業時間平日9時30分〜17時30分
土曜、日曜、祭日9時30分〜14時30分
休業日12月29日〜1月3日
場所1Fエレベーター裏

○職員への贈り物について

当院は、職員への贈り物など一切お断りをしております。
あらかじめご了承ください。

○プライバシーについて

廊下の個人名の掲示や面会などへのご相談がございましたら看護師にお申し出ください。

○退院時アンケートへの協力のお願い

当院では患者さま、もしくはご家族の方に入院生活についてのアンケートをご記入いただいております。
ご協力よろしくお願いいたします。

医療が適切かつ安全に実施されるためのお願い

安全な医療を提供するために職員は日々努力していますが、職員の努力だけでは安全な医療は不可能です。
患者さまの医療への積極的な参加が必要です。

1  患者さまを間違えないために、以下にご協力ください。

  1. リストバンドを着用してください。
     お名前の書かれたバンドを入院時に着用いただきます。
  2. お名前をフルネームで名乗ってください。
     検査・処置・診察などが患者さまに行われる前には必ず職員にお名前を名乗ってください。
     生年月日を名乗っていただくこともあります。
  3. 同姓同名や類似名の患者さまがいる場合は「同姓同名」「類似名」の表示をさせていただきます。
     職員が事前に説明し患者さまの同意を得たうえで、該当する患者さまの診療録などお名前のあるところに表示いたします。

2  職員が説明した内容で実施されているかを確認してください。

患者さまご自身で確認できる点滴や注射などは実施される前に職員と一緒に内容を確認してください。

3  体力が低下している患者さまは転倒や転落をおこす可能性があります。

歩行時の転倒やベッドなどからの転落に伴うケガを減らすために、以下にご協力ください。
  1. 普段から患者さまがつまずいたり転んだりしている場合には、入院時、職員にその旨をお申し出ください。
     職員は通常に比べて観察を強化し、患者さまの日常生活能力に応じた用具の使用などを行います。
  2. 転倒や転落の危険性が高い患者さまにはご家族にご相談させていただきます。
     患者さまに危険が予想される場合には、ご家族にご協力いただくこともあります。

4  患者さまの行動を制限する場合もあることをご了承ください。

職員は患者さまの行動を制限しない努力をしています。しかし、目的とする治療および治療上の安全が確保できない場合にかぎり医師・看護師から十分な説明を行い、患者さま・ご家族に同意を得て身体の拘束等の行動制限をお願いすることがあります。
緊急の場合は、説明・同意をいただくことが事後になる場合があります。
※当院は臨床研修指定病院であり、医療安全管理室を設置しています。
 医療の安全に関するお問い合わせは看護師長にお申し出ください。

患者相談窓口のお知らせ

受診・入院及び退院後の生活にかかる様々なご相談をお受けしています。

地域連携室1階・リハビリ室となり)
総合受付(1階・医事課)


医療、介護に関することなどは地域連携室(地域連携課・相談課)の看護師やソーシャルワーカーがご相談をお受けいたします。

臓器提供意志表示カード (ドナーカード)の取り扱いについて

お持ちの方は職員にお申し出ください。