小児科の外来診療変更のお知らせ(2023年3月27日から)topics

小児科の外来診療変更のお知らせ(2023年3月27日から)

当院では、2022年1月以来、発熱がある小児の診療を院内の別エリアで行って参りました。新型コロナウイルス感染症に対応するためでしたが、社会が新型コロナウイルスとの共存に向けて動き出す中で、インフルエンザをはじめとしたその他のウイルス感染症も増えてきております。

新型コロナウイルス感染症のみを前提としたこれまでの方法では診られる患者数が限られてしまい、地域の皆さまにご不便が生じていました。できるだけ多くの方を診療するため、2023年3月27日(月)より、当院小児科の外来診療を以下のように変更させていただきます。

  1. 別エリアでの診療をやめ、小児科外来での診療に集約
    小児科外来の待合室をパーテーションで2つに区切り、ご利用される方の症状に合わせて待機場所を指定いたします。小児科外来を受診される方は、小児科受付で職員に症状をお伝えください。待合室での感染拡大リスクを低減させるため、必ず指定の場所でお待ちください。
  2. 発熱診療について
    対象
    • 受診前日以降に発熱(体温37.5℃以上)があった方
    • 新型コロナウイルス濃厚接触者
    • 付き添いのご家族が発熱している、または、気道症状(咳、鼻水、咽頭痛)がある
    時間
    • 月曜~金曜 午前9~12時 (予約不要)
    *月曜~金曜の午後、土曜の午前に受診を希望される方は、事前にお電話でご相談ください。可能な限り診療いたしますが、待合室の数に限りがありご利用できない場合がございます。
  3. 付き添いのご家族の診療について
    2023年3月1日現在、当院の規定では、発熱している、または、気道症状(咳、鼻水、咽頭痛)がある高校生以上の方は、一般診療エリアにご案内できません。しかし、小児が感染症に罹患した場合、ご家族も罹患し発症することは珍しくありません。このため、上記の発熱診療においては、付き添いのご家族が発症している場合も、小児科外来にご案内いたします。小児科医でよければご家族も診療しますので、ご希望される方は受付でお伝えください。
  4. 午後の一般診療を再開
    これまで、午後の診療は予約専門外来、予防接種、乳児健診のみとしておりました。感染性疾患の診療は午前中のみに限っていましたが、3月27日(月)以降は午後にも診療させていただきます。熱がなく風邪症状や胃腸炎症状がある方は、午前・午後ともに受診可能となります。
    *待機する待合室は、午前・午後で異なります。職員の指定した場所でお待ちください。 *発熱診療の対象者は、月曜~金曜の午前に診療します。それ以外の時間帯に受診したい方は、事前にご相談ください。
  5. 職員の感染対策について
    職員は、院内ルールに則り、診療中は個人防護具(マスク、ガウン、手袋など)を着用します。院内感染を防止し、地域に医療を継続して提供するためですので、ご理解のほどをお願いいたします。
    また、適切な手指消毒、定期的な環境消毒など、今後も感染対策に努めてまいります。

なお、本変更は、感染症の流行状況や疾患特性の変化などに応じ、再度、変更されることがあります。その際には病院ホームページなどでお知らせしますので、最新の情報をご確認いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先は、電話番号:044-299-4781(病院代表)です。

最新のお知らせ

  • 患者様 医療関係者

    DPC導入のお知らせ

  • 休診代診

    外科外来休診のお知らせ(5月)

  • 休診代診

    泌尿器科外来休診のお知らせ(5月)

  • 休診代診

    泌尿器科外来休診のお知らせ(6月)

  • イベント

    2024年夏の薬剤師体験(インターンシップ)のご案内