文字サイズ

基幹型臨床研修病院

講演会・イベント・健康情報など

認知症

疾患・病気
認知症ってどんな病気

 超高齢社会のなかで、誰もが認知症を自分のこととして考えておく時代になりました。認知症は少しずつ進行する疾患であり、日常生活に支障をきたすようになるという特徴もあります。どんな病気なのか、どう向かい合ったらいいのか。認知症を知り、備え、そして早めに対処することが求められるようです。

 厚生労働省の発表によると、2010年時点で、65歳以上の高齢者で認知症の人は15%、429万人と推定されていました。また、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると推定されており、誰もが自分のこととしてとらえる必要がある疾患といえます。

3大認知症とは
 認知症には、「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」という3大認知症があり、これらは慢性変性疾患と呼ばれ年単位でゆっくり進行します。
 アルツハイマー型認知症は女性に多いとされ、タウ蛋白というタンパク質がうまく代謝されなくなり少しずつ脳全体に溜まっていってしまうことで脳の機能が低下します。
 レビー小体型認知症は、レビー小体というタンパク質が脳に溜まることで発症します。認知症の症状が悪くなったり良くなったりすることを繰り返すのが特徴的です。また幻視も特徴的な症状の1つで、子どもがいる、動物がいるといった幻視の症状があります。他には、眠っている時に大きな声で叫んだり暴れたりするレム睡眠行動障害という症状や、動作がゆっくりになったり転びやすくなるパーキンソニズムという症状を伴うことがあります。
 脳血管性認知症は脳の血管が傷んでおこるものです。男性に多く、傷んだ血管の太さや部位によって症状が変わり、血管が痛んでいくにつれて段階的に進行します。高血圧や脳卒中の既往がある人がリスクとなります。

おかしいなと思ったら
主治医に相談
そして備えを


中核症状と周辺症状
 認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2つに大別されます。中核症状とは、記憶力や理解力、判断力の障害によって生じる症状です。物忘れに加え、物事をうまく組み立てて考えたり実行することができなくなり、今までできていた家事や仕事などができなくなります。さらに症状が進むと、一人で服を着たり、排泄をしたり、食事をとることが難しくなってきます。
 周辺症状とは、中核症状にともなって生じる行動症状や心理症状のことをさします。たとえば目的地や道が分からなくなって歩き回る徘徊、意欲が低下するうつなどが挙げられます。時には、性格変化を伴う暴言・暴力がみられることもあります。このような周辺症状によって介護が難しくなることもあるため、早くから介護サービスを導入するなどしたほうがよいでしょう。
 周囲の人が最も気づきやすい症状の一つが、意欲の低下です。長年の趣味に興味がなくなった、家にこもりがちになった、といった症状が認知症の初期に出現します。「様子が変だな」と思った際には、主治医に相談してください。

治療できる他の病気の可能性も

 認知症のような症状がみられても、実際は治療のできる他の病気が隠れているということもあります。甲状腺というホルモンを分泌する器官の疾患である甲状腺機能低下症、髄液の循環障害によって脳が圧される正常圧水頭症のほか、薬やビタミン不足が原因で認知症のような症状が出ることもあります。
 うつ病によって認知症のように物事を覚えられなくなったり、今までできていたことができなくなる人もいます。これらは適切な治療を受ければ治る可能性があるため、まずはかかりつけ医に相談したり、医療機関に受診して相談しましょう。

医師や自治体に相談を

 残念なことに、認知症を根本的に治療できる薬はまだありません。しかし症状にあわせた薬による治療や、リハビリなどの治療を組み合わせて対応することもできます。アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症については、症状の進行を緩やかにする薬があります。また、デイサービスやリハビリなどを利用して、人と関わることで刺激を増やし認知機能の低下を予防していくことも大切です。
 何より、自分や家族が認知症かも、といった不安を自分だけで解決しようとせず主治医や、自治体の設置している窓口、地域包括支援センターに相談することが治療の第一歩となります。

元気なうちから考える

 誰でも自分や家族が認知症になる可能性があります。元気なうちから、もし認知症になったら、どのように生活したいか、どのような最期を迎えたいかを考え、家族と相談しておくとよいでしょう。
 認知症になり食事が取れなくなった時にどのような選択をしたいのか、呼吸状態が悪くなったときには機械を使った人工呼吸器管理を希望するのか、もしも心臓が止まってしまった時に心臓マッサージを希望するのか。楽しい話ではありませんが、自分の意見をはっきり考え伝えられる今だからこそ、家族と話し合いお互いの意見の確認をしておくことで、大事な人の最期、自分の最期を納得して過ごす備えを日頃からしておくことが大切です。

【解説】川崎協同病院 初期研修医 飯田あかね